WiMAX(ワイマックス) 比較

ワイマックスを選ぶ時の3つのポイント

ワイマックスを利用するにはプロバイダーと契約しなくてはいけません。基本的には同じ通信サービスを利用するのでそこまで違いはないように感じます。
しかし、よくよく比べてみると結構な違いがあったりします。
では、当サイトでは3つのポイントに絞ってあなたが契約する際にお得になれるような方法を記載しておきました。

 

月額料金

スマホにはキャリアによっていろいろなプランがあり、どれがいいのか迷ってしまいますよね。しかし、ワイマックスの場合は基本的に二つプラン+オプションとなっていてかなりわかりやすいです。これはどのプロバイダーでも同じなので、月額料金は安いほうがお得という単純なものなのです。
プロバイダーを選ぶときには一番お金のかかる月額料金が大きなウェイトをしめているので、いろいろな情報に惑わさせれずにこれのみを見てみるのも賢い選び方の一つですね。

ワイマックスの月額料金比較


キャッシュバック

契約するとお金が帰ってくるというシステムです。すべての業者が行っているものではなくありません。
同じ機械を使って、ほほ同じような月額料金を支払ってもA社ではそれだけ、B社ではキャッシュバック15000円付きという現実があります。
キャッシュバックは常時あるものではなくキャンペーンとしてあるものが多いです。
こちらのページでワイマックスキャッシュバック情報の比較をやっています。

ワイマックスキャッシュバック情報一覧


通信速度(制限)

ワイマックスの契約するプランは二つしかないのでそれほど面倒ではないのですが、通信制限はちょっとわかりにくいです。それで問題となって広告の表現もかわりました。
ネットをある程度使う場合はもしかしたら普通に契約するだけでは後から不満が出てしまうかもしれません。私はネットそれなり観る予定の人はこちらのページを見てもらえれば、一切の制限なくインターネットを利用できるほうほうがわかります。(wimax2+は不可)

通信制限を回避するためにチェックすべきことはコレ!


ワイマックスの総合ランキング

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB特典サイトのキャプチャ150

クレジットカード対応
総合的にはGMOとくとくBBが一番となりました。その理由はキャッシュバック金額が一番高いことと、トップクラスの月額料金、対応機種数も多めでスペックのみで判断するとここがイチオシです。

 


月額料金(2年平均) キャッシュバックなど 本体代金 対応機種
3459円 〜33000円 0円 4機種

 

    

 

ビックローブ

クレジットカード対応 口座振替対応
光回線などで有名なプロバイダーです。金額面での魅力はGMOにはやや劣りますが、支払い方法で口座振替対応なのがポイントです。クレジットカードなしのランキングならここが一番です。またユニークな特典をつけていることも要チェックです。


月額料金(2年平均) キャッシュバックなど 本体代金 対応機種
3541円 〜26000円 0円 2機種

 

   

 

UQワイマックス

クレジットカード対応 口座振替対応
ワイマックスのサービスはUQが提供しているものです。↑の二つのこのサービスを利用しています。本家の信頼感はお金には変えられない人が利用しているみたいです。本家なのでわかりやすいのもポイント高いです。


月額料金(2年平均) キャッシュバックなど 本体代金 対応機種
3542円 3,000円(商品券) 〜4800円 6機種

 

    

今月注目なのはこれ!

5月注目なのはGMOとくとくBBです。これまで通りキャッシュバックは今月も1位です。さらに提携しているサイト限定で公式ページよりお得になっている限定ページ(キャッシュバックが2,000円高い)へご案内できるようになっています。
キャッシュバック金額の比較
公式ページのキャプチャ 限定ページのキャプチャ

GMOとくとくBB公式サイトのキャプチャ

GMOとくとくBB特典サイトのキャプチャ

ページのレイアウトが違うのでちょっと比較しにくいですが、金額に注目して頂ければわかります。

 

また、ワイマックスに新しい機種(WX02)が登場しましたが、それももちろんキャッシュバックの対象になります。新機種ということで他社ではまだ特典の対象に入っていないところもあるようなので、希望の方はGMOとくとくBB(限定ページへのリンク)で決まりです。

ただし、限定広告からのアクセス(当サイトからのリンクならOKです)でないとキャッシュバックのページに行けないのでうっかりミスをしないようにお気を付けください。
公式サイトに直接アクセスした場合でも特典がない場合がありますのでご注意ください。

 

ワイマックス業界の最新情報

業界では、移行の時期にあります。
何を移行しているのかというと、wimaxからwimax2+の移行です。

 

すでに以降は完了しており、現在では3つのタイプの契約があります。
@通信制限がやや強いもの
A通信制限がややあるもの
B何も縛りがないもの

 

各社いろいろなキャンペーンや宣伝をしていますが、プランによって本当に自分にとってお得なものを見定めなくていけません。
機種によっては今までワイマックスをそのまま使えるので(つまり速度制限なし)動画などを見る際は多少の時間を我慢してモードを切り替えて使うなどの工夫をすれば安いプランでも十分ネットを使用できます。

 

複雑になって各社のサイトを訪問するして情報収集するのは面倒(当サイトの毎月のリサーチは3時間以上はかかります)なので、当サイトのまとめ情報をご利用ください。

 

調査した結果、一番大盤振る舞いをしてるのが、GMOとくとくBBです。

【5月31日まで】GMOとくとくBBのキャンペーン情報の詳細はこちら

 

比較として上がるのが光回線、イーモバイルです。
光回線の場合は用途が違うので、比べる対象にはなりません。自宅メインで動画などお通信料のおおきいネットサービスを利用する場合はこちらのほうがおすすめです。
次にイーモバイルとの比較ですが、場所や条件によって個人個人別の感じ方をすることを除けば、基本的にイーモバイルのほうが安定性が高いです。
やはりワイマックスのほうがやた弱めとなってしまいます。しかし、イーモバイルには日にち単位の制限と月単位の通信料の制限があります。特に月単位の制限はかなり厳しいものであり、ヤフーのトップページが完全に表示されるのに、1分以上かかる場合もあります。(管理人の計測データ、宇都宮、八王子、新宿)さらに制限を解除する方法はなく、そのまま使い続けるしかありません。


HOME WiMAXとは キャンペーン比較 月額料金比較 お問い合わせ