WiMAXおすすめのプロバイダ5社を比較。人気の理由はアレだった!

「外出先でも快適にインターネットに接続したい!」
「WiMAXってよく聞くよね。なんだか便利そう。」

WiMAXを検討し始めたという方が最初に迷うのが、「一体どのプロバイダを選ぶべきなのか?」という点です。

実はWiMAXと一口に言っても、色々なプロバイダ(販売会社)が提供しており、「何が違うの?」、「端末はどれを選べばいいの?」、「人気のプランはどれ?」と悩んでしまう人が多いです。

このページで比較・検討するおすすめのWiMAXプロバイダは以下の5社です。

とりあえず、使えればいい!という場合には、どの会社と契約しても問題ありません。
しかし、安く、賢く利用したいという場合には契約するプロバイダをしっかり比較検討しなくてはいけません。

WiMAXってプロバイダが多すぎ!どれを選べばいいかわからないですよね

現在、WiMAXのプロバイダ(販売会社)は、なんと20社以上。
こんなにあると、一体どのプロバイダと契約したらいいのか考えるだけでうんざりしてしまいます。
もう適当に決めてしまおうか…そう考えるのも無理はありません。

実はどのプロバイダで契約しても品質(通信速度)に差はない

実はWiMAXは、どのプロバイダと契約しても品質(通信速度)に差はありません。

全てのWiMAXはUQコミュニケーションズが提供するWiMAX回線を利用しており、使えるエリアも、通信速度も、利用制限やWiMAX端末も…

どのプロバイダと契約しても全て同じなんです。

じゃぁ具体的に、何が違うの?

結論を最初に言うと、月額料金やサービスがプロバイダによって違うのです。

品質や機能が同じなら、どのプロバイダと契約しても一緒でしょ?
適当に選んでも大丈夫なんじゃない?と思うかもしれません。
ところが、実際はそうではありません。

例えば、あなたがバスに乗ったとしましょう。
乗るバスは同じなのに、支払う会社によって料金が違う、それがWiMAXなのです。

プロバイダによって、料金・サービス(返品保証、即日発送、送料無料など)が違う!

WiMAXはどの会社と契約しても、得られる性能に差はないのに月額料金やその他サービスが違うということになります。
だったら、お得な料金とサービスを提供してくれるプロバイダと契約するほうが良いと思いませんか?

どこで契約しても全部UQ回線ならUQ WiMAXを選べばいいでしょ?⇒いいえ、違います!

「どこで契約しても同じ性能なら、サービスを提供している元締めのUQコミュニケーションズと契約すればいいんじゃないの?」
そう考えるも当然なのですが、費用には大きな差があります。

実はWiMAX回線の元締めであるUQが提供するUQ WiMAXの月額料金はやや高いです。

通信品質が変わらないのに、高額な料金を払うのはバカバカしい話です。
このため、安易にUQ WiMAXと契約するのはおすすめできません。

どのプロバイダで契約する?プロバイダ選びのポイント

では、20社以上あるプロバイダから、どの会社を選べば良いのでしょうか?
どんな基準で選べば良いのでしょうか?

WiMAX一番のおすすめは大手プロバイダ

おすすめなのは大手プロバイダです。
なぜなら契約者が多い⇒スケールメリットが大きく、それが料金やサービスに反映されるからです。

特にBIG5と呼ばれる大手5社から選ぶと後悔することはないでしょう。

どのプロバイダにするか迷ったら、まずこの5つの中から検討してみるのが良いでしょう。

WiMAXをサービスで選ぶ

悩んだら返品保証、解約手数料、即日発送、送料無料などサービスで比較してみましょう。

例えばBroad WiMAXなら即日発送可能で当日店頭受取もできます。
Broad WiMAXの評判は良い?悪い?メリットデメリットは実際どうなの?

GMOとくとくBBなら最大42000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンが実施されています。
GMOとくとくBB WiMAXの評判って本当?キャッシュバックや違約金など徹底調査

WiMAXを月額料金で選ぶ

サービスで決め兼ねる場合には月額料金で選ぶのも良い方法です。
通信品質はどのプロバイダを選んでも同じなので月額料金が安いところを選ぶのが鉄則です。

WiMAXは契約するプロバイダによって月額料金が大きく違うので年間で支払うトータル金額を比較してみると良いですね。

WiMAX端末(ルーター)はどのプロバイダでも同じ

WiMAX端末はどのプロバイダで契約しても同じです。
プロパイダが違ってもエリア、通信速度、プラン内容は一緒です。

ただし、一部のプロバイダでは旧型端末を月額割引で販売していることがあります。

最新端末はW05とWX05です。
旧型端末は通信速度が遅く、性能が悪いのでおすすめしません。

WiMAXの選び方。失敗しないおすすめルーターとプロバイダのチェックポイント

WiMAXを契約するなら?おすすめプロバイダ5社の特徴

それでは、WiMAXを契約するなら、どのプロバイダがいいのでしょうか?
おすすめプロバイダ5社の特徴を比較してみましょう。

月額料金が安い「Broad WiMAX」

Broad WiMAXは毎月かかる月額料金が初月から安く設定されています。

Broad WiMAXのメリット

  • キャッシュバックがない代わりに初月から月額が安い
  • WiMAX端末当日発送
  • キャッシュバックの申請など面倒な手続き不要

Broad WiMAXのメデメリット

  • 3年契約のみ(2年契約希望の方はGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ)
  • 有料オプションに加入しなければいけない⇒不要な方は契約翌日に解除OK

Broad WiMAXはこんな人におすすめ

  • キャッシュバックの申請手続きが面倒という方
  • 初月から月額料金を安く使いたい方
  • 今すぐに使い始めたい方

⇒もっと詳しく!Broad WiMAXの評判は良い?悪い?メリットデメリットは実際どうなの?

業界一の高額キャッシュバック「GMOとくとくBB WiMAX」

他のプロバイダと比べてキャッシュバック金額が高く設定されて人気です。

GMOとくとくBB WiMAXのメリット

  • キャッシュバック最大42000円
  • キャッシュバック受け取り後の総費用が業界最安値
  • 契約20日以内は違約金が掛からず解約可能
  • 2年契約と3年契約から選べる

GMOとくとくBB WiMAXのデメリット

  • キャッシュバックが受取れないトラブルが続出中
  • 支払いはクレジットカードのみ

GMOとくとくBB WiMAXこんな人におすすめ

  • とにかく最安値がいい人⇒キャッシュバックを受取らない場合、Broad WiMAXが最安値になります
  • キャッシュバックの申請手続きが面倒じゃない人

⇒もっと詳しく!GMOとくとくBB WiMAXの評判って本当?キャッシュバックや違約金など徹底調査

大手プロバイダが提供で知名度の高い「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAXは可もなく不可もなく、バランス型のプロバイダ。機種変更が無料なのが魅力。

BIGLOBE WiMAXのメリット

  • キャッシュバック最大30000円
  • 口座振替ができる
  • キャッシュバックの受け取り申請が楽(GMOとくとくBB WiMAXに比べて)
  • 22ヶ月目以降は機種変更0円でできる

BIGLOBE WiMAXのデメリット

  • 3年支払い総費用がBroad WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXより高い
  • 2年以内の解約にかかる違約金が他社に比べて高い
  • 最新端末を使えるのは3年契約のみ⇒2年契約は旧型端末WX03のみ

BIGLOBE WiMAXはこんな人におすすめ

  • 支払いにクレジットカードを持っていない人、使いたくない人
  • 途中解約しない人

⇒もっと詳しく!BIGLOBE WiMAXの評判の真実。良いも悪いも実際のところどうなのか?

万全のサポートが受けられる「UQWiMAX」

利用料金は安くないものの、WiMAX回線を提供しているUQコミュニケーションズが運営しているので万全のサポートが受けられます。

UQWiMAXのメリット

  • キャッシュバック最大10000円
  • データ端末当日発送
  • 口座振替ができる
  • 電話サポートが年中無休で無料通話

UQWiMAXのデメリット

  • 端末代が別途必要⇒他のプロバイダは端末代金無料
  • 月額費用が高い

UQWiMAXはこんな人におすすめ

  • 月額料金が高くても、サポートを重視したい人

⇒もっと詳しく!UQ WiMAXの評判。悪い口コミの原因とは?他社プロバイダとの比較でわかったこと。

プロバイダの老舗で根強い人気「@nifty WiMAX」

キャッシュバックがなかなか高額でプロバイダの老舗が最大の特徴です。

@nifty WiMAXのメリット

  • キャッシュバック最大30100円
  • キャッシュバックが5ヶ月目に受取れる
  • @niftyの他サービスを利用している人は月々250円お得

@nifty WiMAXのデメリット

  • 月額料金は高め
  • 支払いはクレジットカードのみ

⇒もっと詳しく!@nifty WiMAXの評判。ここはやめておけ!他者プロバイダとの比較でもメリットなしと判断。

最安値はどのプロバイダ?WiMAXおすすめのプロバイダ5社の月額料金を比較!

プロバイダは3年間の実費で選ぼう

WiMAXを3年利用した時の実際にかかる費用を一覧表で比較してみましょう。
※データ無制限プラン「ギガ放題3年」で比較

WiMAX比較表

3年間総費用が最も安いのはGMOとくとくBB WiMAX

  • キャッシュバックありで最安値
    ⇒GMOとくとくBB WiMAX/113160円(平均月額3140円)
  • キャッシュバックなしで最安値
    ⇒Broad WiMAX/130941円(平均月額3637円)

約18000円、GMOとくとくがお得⇒業界最安値です。

で、ここからが重要です。

3年間総費用が約18000円も高いBroad WiMAXのほうがお得になる理由

単純に考えればGMOとくとくBB WiMAXと契約するほうが良いと思うでしょう。
しかし、「ある条件」を加えるとBroad WiMAXが最安値になるのです。

実は「キャッシュバック」に大きな秘密が隠されているのです。

Broad WiMAXにはキャッシュバックがありません。
その分、月額料金がGMOとくとくBB WiMAXよりググっと安く設定されています。

例えば…初月月額料金の比較

  • Broad WiMAX 2726円
  • GMOとくとくBB WiMAX 3609円

GMOとくとくBB WiMAXは42000円の高額キャッシュバックがある分、月額利用料がBroad WiMAXよりも高いのです。

キャッシュバックが受けられるのは、契約から1年後。
しかも自分で11ヶ月目に申請しなければキャッシュバックは無効になります。

11ヶ月も先のこと、覚えていられますか?
私は無理です。

「忙しくてついうっかり忘れてしまった」となると…
42000円という高額なキャッシュバックが受け取れなくなってしまいます。

つまり42000円の損ってことです。

騙された!WiMAXのキャッシュバックキャンペーン比較と危険な落とし穴

実際にキャッシュバックが受け取られるのは利用者の半数程度となっています。
なので、キャッシュバックを受取れない可能性を考えておくべきです。

3年間総費用の比較(キャッシュバックを受取れなかった場合)

  • GMOとくとくBB WiMAX⇒155160円(平均月額4310円)
  • Broad WiMAX⇒130941円(平均月額3637円)

その差、約24000円。

うっかりキャッシュバック申請を忘れてしまうと、最安値はBroad WiMAXとなります。

WiMAXプロバイダ5社のキャッシュバックキャンペーン比較まとめ

どんなプランを選べばいいかわからない?おすすめのWiMAXプランはコレ

WiMAXはどのプロバイダと契約しても、通信速度などの品質は変わりません。

各社によってそれぞれ多少サービスの違いはありますが…

  • 「●●は通信速度が遅い」
  • 「××はエラーが多い」
  • 「△△は使えないエリアが多い」

といった品質に差は全くありません。

そして、WiMAXのプランもとってもシンプルで、どのプロバイダで契約しても2つのプランだけです。

ギガ放題プラン(データ量無制限)とライトプラン(月7G制限)

WiMAXの料金プランは実際のところ、よく見るとギガ放題プラン(データ量無制限)とライトプラン(月7G制限)の2つに分けることができます。

  • データ通信量の制限がない⇒ギガ放題プラン
  • 月間7GB(超えると通信速度が遅くなる)⇒ライトプラン(又はFlatプラン)

と考えればOKです。

結論から言えば「ギガ放題プラン(データ量無制限)」と契約すべし!

結論を先に言えば、「ギガ放題プラン(データ量無制限)」を契約しましょう。

メールチェックくらいしかしない、という場合にはライトプランでもOKです。
が、正直、メールチェック程度なら、わざわざWiMAXを契約する必要はないです。

WiMAXの魅力はデータ無制限で高速通信が利用できるのに月額が安いのがメリット。
両者の料金の差はわずか700円程度。得られるメリットを考えるとライトプランは割高に感じます。

もっと詳しく!WiMAX 契約プランの料金っておいくら?

契約期間は3年?2年?どっちがいいの?

WiMAXは、ほとんどのプロバイダで3年契約を基本としています。

実際、利用者の9割以上が一度契約すると5年以上継続利用しています。
2年で契約するメリットはほとんどありません。

WiMAX端末のモデルチェンジが3年程度なので、面倒でなければ、3年契約を結び、契約が切れる3年おきに端末を買い換えるのも良いですね。

どうしても2年契約がいいなら、GMOとくとくBB WiMAXの一択となります。

「Broad WiMAX」か「GMOとくとくBB WiMAX」どちらかを選べばOK!そのワケは?

WiMAXで悩んだら「Broad WiMAX」か「GMOとくとくBB WiMAX」を選べば損することはないでしょう。

料金が安いプロバイダが一番!

WiMAXはどのプロバイダと契約しても通信速度、プラン、端末に違いはありません。
となれば、よほど特別な理由でもない限り、料金が安いプロバイダを選ぶのが正解です。

つまり、

  • キャッシュバックはないものの月額料金がどこよりも安い「Broad WiMAX」
  • キャッシュバックで実質総費用が最も安くなる「GMOとくとくBB WiMAX」

のどちらかを選ぶのが正解なのです!

「Broad WiMAX」と「GMOとくとくBB WiMAX」の料金を比較

WiMAX比較表

月額料金で2社を比較すると、「Broad WiMAX」の方が断然安いです。
対して「GMOとくとくBB WiMAX」はキャッシュバックで相殺するので実質利用料は安くなります。

「いくらキャッシュバックがあるとは言え、毎月の支払いが高いのは負担が大きい」という方は「Broad WiMAX」を選びましょう。

月額料金が高くても、あとでドカン!と取り戻したいなら「GMOとくとくBB WiMAX」を選ぶと良いでしょう。

ただし、11ヶ月後に申請を忘れてしまうとキャッシュバックは無効になるので、忘れっぽい方は要注意です。
忘れっぽい方は「Broad WiMAX」にしておくのが安全です。

Broad WiMAXの特徴&おすすめポイント

「Broad WiMAX」は初期費用が高額ですが、有料オプション加入で無料になります。
有料オプションは契約翌日に解約が可能なので、初期費用は実質無料と同じです。

キャッシュバックがない代わりに月額料金がどこよりも安いので、毎月の負担を少なくしたい人におすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXの特徴&おすすめポイント

「GMOとくとくBB WiMAX」はキャッシュバックが最大42000円と高額なのが魅力です。
しかも最新端末を2年契約でき、キャッシュバックでドカンと戻ってくるので総支払額を大きく抑えることができます。

ただし、キャッシュバックは11ヶ月後に自分で申請手続きをしなければならず、うっかり忘れて申請期限がすぎると、キャッシュバックは無効になるので要注意。

「Broad WiMAX」と「GMOとくとくBB WiMAX」の納期と解約違約金の比較

納期

どちらも最短即日発送に対応しています。
早い時間帯に契約を済ませれば、当日発送→最短翌日には受け取ることができ、すぐにネットに接続することができます。

Broad WiMAXは店舗受取りもOKなので、当日契約&当日受け取りも可能です。

解約違約金

GMOとくとくBB WiMAXは契約20日以内なら違約金なしで解約可能です。

  • 1ヶ月目~24ヶ月目までは24800円
  • 25ヶ月目以降は9500円
  • 更新月は0円

Broad WiMAXは契約8日以内なら違約金なしで解約可能です。

  • 1ヶ月目~12ヶ月目までは19000円
  • 13ヶ月目~24ヶ月目まで14,000円
  • 25ヶ月目以降は9500円
  • 更新月は0円

「Broad WiMAX」か「GMOとくとくBB WiMAX」、結局どちらを選ぶべきなの!?

結局のところ、筆者はどのプロバイダを選んだのか?
と言われると、「Broad WiMAX」です。

料金だけを単純に比較すれば「GMOとくとくBB WiMAX」のほうがキャッシュバックが多いというメリットはあります。
しかしこのキャッシュバック、受取れないと評判が悪いのです…。

きちんとスケジュール管理ができる方で、申請も面倒じゃない!と自信がある方なら良いのですが…
手続きが面倒でついつい後回しにしてしまうという方の場合、キャッシュバックが受け取れないというトラブルが多発しているのです。

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックをもらえなかった場合、割高になります。

このため、キャッシュバックがない代わりに月額料金が確実に安い「Broad WiMAX」のほうがおすすめなのです。

キャッシュバックにだまされるな!キャッシュバック受け取りの難易度は高い。

業界最高額のキャッシュバックで派手に集客しているが…受取れなければ無いのと同じ

「GMOとくとくBB WiMAX」のキャッシュバックは業界最高額の42000円です。
42000円ってすごくないですか?!
これだけ見るととても魅力的なのですが、受け取りの難易度が高くあまり評判を聞きません。

騙された!WiMAXのキャッシュバックキャンペーン比較と危険な落とし穴

キャッシュバックの評判があまり良くない4つの理由

理由1 実際にお金が受け取れるのは1年後

キャッシュバックは高額ですが、実際にお金が受け取れるのは契約から1年後になります。
この期間、月額費用は高いです。
高めの月額を支払って1年後に元を取るといったイメージです。

理由2 自分から申請しないともらえない

キャッシュバックは自分から申請しないともらうことができません。
12ヶ月後に自動的に口座に振り込んで貰えると思って油断しているとキャッシュバックの恩恵は受けられません。

お役所仕事か!と思わず言いたくなってしまいますね。

理由3 申請期間が短かすぎる

キャッシュバックの申請期間は11ヶ月目の1ヶ月間だけ。
この期間に申請できなければ12ヶ月目にキャッシュバックを受けることはできません。

1年目ならまだしも、11ヶ月目という区切りの悪い時に申請が必要なのもなんだか悪意を感じますよね。

理由4 お知らせメールは地味に届く

一応プロバイダからも「申請期間が来ましたよ~」という連絡は来ます。
しかしこの連絡はとても地味なメールが1通届くのみで見落とす人が多発。

更にお知らせメールが届くメールアドレスは、契約の時に作らされるプロバイダの新規アドレス宛になります。

キャッシュバックができなければ、利用料金は高くなる!

「GMOとくとくBB WiMAX」はキャッシュバックされることでトータルの費用が安くなるプロバイダです。
もしキャッシュバックを受けることができなければ、月額料金が高いため、魅力が全くなくなってしまいます。

プロバイダの本音は?

プロバイダの本音としては、新規利用者を増やしたいからお得なキャンペーンはしたい。
でも、実際に全員がキャッシュバックを利用してしまうと利益率が悪くなってしまうのでなるべくキャッシュバックキャンペーンを利用させたくないのでしょう。

とりあえず申請を超面倒にして、受け取りのハードルを高くしている印象です。

実際にキャッシュバックを受け取ることができた人は約50%

高額キャッシュバックを受け取り損ねた!被害者の声が切実です。

メールを見落としてしまい、キャッシュバック申請期間が過ぎてしまいました!

普段使っていないプロバイダのアドレスにメールが届いても気が付くわけがないですよね?
キャンペーンの利用をさせたくないとしか思えません。

キャッシュバックの申請が来ていたことに、2年経過してから気が付きました。

そういえば、キャッシュバックキャンペーンがあったんじゃ?と思い出したときにはすっかり期間が過ぎていました。
もっとしっかりお知らせしてくれれば…不親切ですね。

どうして自動で振り込んでくれないの?

なんのために毎月の利用金額が高くても我慢していたのか…納得できません。
契約するときにはキャッシュバックがあるからお得ですよ!!って言っておいて
実際にはさせないって、悪質じゃないですか?

だったら、最初から月額利用料金が安い方がお得じゃない?

キャッシュバックなしでもその分、最初から月額料金が安い方が良くないですか?

のちのちキャッシュバックが受けられなかった!って後悔するよりは、毎月確実に安い「Broad WiMAX」のほうが利用者に対して誠実ですよね。