GMOとくとくBB WiMAXの評判って本当?キャッシュバックや違約金など徹底調査

GMOとくとくBB WiMAXの最大の特徴はキャッシュバック金額が大きく、3年契約をした際の、トータル支出が業界で最も安いという点です。

とにかく支出を抑えたいという方はGMOとくとくBB WiMAXを選びましょう。

GMOとくとくBB WiMAXの特徴

  • 最大42000円キャッシュバック!
  • 平日15時30分まで、土・日・祝は14時までの注文で最短即日発送!
  • 端末代0円、専用クレードル0円、送料無料0円で初期費用がお得!
  • 2年契約、3年契約が選べる!
  • ギガ放題プランとライトプランを毎月選ぶことができる
  • 最大3ヶ月間、通常プランの料金で試せる

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックキャンペーン!

GMOとくとくBB WiMAXでは新規加入者に向けた様々なキャンペーンが行われています。

①最大42000円キャッシュバック

最も特徴的なキャンペーンが業界内でも断トツのキャッシュバック金額の高さです。
他のプロバイダでもキャッシュバックキャンペーンは行われていますがGMOとくとくBB WiMAXほど高額ではありません。

月額利用料金ではBroad WiMAXに負けていますが、キャッシュバックが適用されると3年間の利用料金はWiMAXを提供している全プロバイダ内で最安値となります。
とにかく出費を抑えたいなら、GMOとくとくBB WiMAXが最もお得にWiMAXを利用することができます。

②契約キャンセルが可能

WiMAXは無線でインターネットに接続するモバイルルーターです。
その商品の性質上、建物などに阻まれて自宅での接続状況やあなたの行動範囲内での接続が不安定になることがまれにあります。

事前にエリアチェックすることは可能ですが万が一接続状況に満足できなかった場合には20日以内なら契約をキャンセルすることができます。

③インターネット安心セキュリティ1年間無料

GMOとくとくBB WiMAXに加入する場合、インターネット安心セキュリティに加入することができます。
このサービスに加入するとマカフィーマルチアクセスが月額500円のところ1年間無料で利用することができます。

出先でインターネットに接続する場合、不正アクセスやデータの流出などが心配になりますが、別途セキュリティソフトを入れる必要がなくお得で安全にインターネットに接続することができます。

GMOとくとくBB WiMAX利用者の良い評判と悪い評判

実際にGMOとくとくBB WiMAX利用者の口コミにはどんなものがあるのでしょうか?
クチコミ情報を調べてみました。

GMOとくとくBB WiMAXの良い評判

  • キャッシュバックのメリットがとにかく大きい!
  • 即日発送ですぐに発送してくれるので助かった
  • 2年しか使わない予定だったので2年契約できたのが嬉しい
  • ネットをあまり利用しない月はライトプランに変更できる
  • 外出先でネットを使うのは不安だけど、無料でセキュリティが1年間使えて安心

GMOとくとくBB WiMAXの悪い評判

  • キャッシュバックの申請は自分でしなければいけない。
  • 月額利用料が高額
  • キャッシュバックの申請をし忘れてしまい、大損した
  • 他社から乗り換えだったので解約違約金が発生して高くついてしまった
  • クレジットカードを持っていないと利用できない

キャッシュバックに関しては金額が多く喜ぶ声が多い反面、受け取りにくいとメリット・デメリットの両面があるようです。

GMOとくとくBB WiMAXにして何かいいことあった?

毎月の支出を抑えることができた

毎月通信費の高さに頭を悩ませていました。
ネットは友だちとの連絡やSNS、動画の視聴など生活には欠かせないものだけれど毎月の通信費が家計を圧迫していました。
GMOとくとくBB WiMAXはトータルのコストが安いので毎月の通信費をぐっと抑えることができたので助かりました。

通信費を抑えられたことで、念願だった資格取得のための講習会に参加できるようになり、資格を無事取得することができました。
外出先でもネットに接続できるので資格を取得するための勉強もでき電車の移動中などのスキマ時間も活用することができました。

ネットを使う時と使わないときがあるので

自宅はマンションで契約しているネット回線があるのでそちらを使用しています。
外出先でネットを利用するためにGMOとくとくBB WiMAXと契約しました。
ただよく外出先でネットを利用する月としない月があるので利用プランを毎月選ぶことのできるのがとても良かったです。

出張があると事前にわかっている月はギガ放題プランにし、出張がない月はネット回線をほとんど使わないので通常プランを選んでいます。

ライフスタイルに合わせて選べるので、無駄な支出を抑えられて助かっています。

GMOとくとくBB WiMAXのメリットとデメリット

GMOとくとくBB WiMAXにもメリットとデメリットがあります。

GMOとくとくBB WiMAXのメリット

  • トータル3年間実費が最安値
  • キャッシュバックが42,000円と他社よりも高額
  • 平日15時までの注文なら即日発送で最短翌日に届く
  • ギガ放題プランとライトプランを月ごとに切り替えられる
  • 2年契約と3年契約が選べる

GMOとくとくBB WiMAXのデメリット

  • キャッシュバックが受け取りにくい
  • キャッシュバックを受け取り損ねると最安値ではなくなる
  • 毎月の支払い料金が高い
  • 口座振替が利用できない(クレジットカードのみ)
  • 他社から乗り換えしにくい

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金はそれほど安くありません。
キャッシュバックで42,000円が12ヶ月目に戻ってくることで3年間トータルの出費が最安値になります。

月額料金は以下の通りです。

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金

  • 月額1ヶ月目~:3,609円
  • 月額3ヶ月目~:4,263円

2年契約の場合

  • 2年間の費用は104,004円、キャッシュバック適用で62,004円。
  • 月額平均は4,333円、キャッシュバック適用で2,583円です。

3年契約の場合

  • 3年間の日用は155,160円、キャッシュバック適用で113,160円。
  • 月額平均は4,310円、キャッシュバック適用で3,143円です。

GMOとくとくBB WiMAXの注意点

2年契約はキャッシュバックが適用されると、月平均が2,583円ととてもお得に見えますが、25ヶ月目以降の利用料金は月額4,263円となり、他社と比較してお得度が激減します。

金銭的な面で考えれば25ヶ月目に他社への乗り換えを検討することになるでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金は他社と比べて安い?

GMOとくとくBB WiMAXとBroad WiMAXの月額料金比較

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金はそれほど安くありません。
単純に月額料金だけを比較すればBroad WiMAXの月額利用料平均が3,637円でGMOとくとくBB WiMAXのほうが毎月673円も高くなってしまいます。

それでもGMOとくとくBB WiMAXが人気なのは42,000円という高額のキャッシュバック適用があるからです。

契約後1年経過した頃に42,000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンが行われており、このキャンペーンを利用することで月額利用金額の平均が3,143円になり、月額利用料が最も安いBroad WiMAXと比較して494円安くなる計算です。

毎月の支払い金額は多少高くなりますが、トータルの支払い金額は安くなるのです。

GMOとくとくBB WiMAXの解約違約金は他社と比べてどう?

WiMAXを途中で解約するかもしれない、となった時に気になるのが解約違約金です。
GMOとくとくBB WiMAXの解約違約金は他社と比べてどうなのでしょうか?

契約して20日以内なら解約違約金0円

GMOとくとくBB WiMAXは契約してから20日以内なら解約違約金0円で解約することができます。

  • 契約したものの、自宅では電波の入りが悪かった。
  • 思ったような速度が出ていない。

というように実際に使ってみたらWiMAXが機能しなかった場合、20日以内にキャンセルを申し込めば解約違約金は発生しません。

契約期間と解約違約金について

GMOとくとくBB WiMAXの契約期間と解約違約金

GMOとくとくBB WiMAXは2年契約をするか3年契約をするかで解約違約金が発生するタイミングが違います。

2年契約の場合の解約違約金

2年契約の場合、契約月から24ヶ月目の期間は24,800円の解約違約金が発生します。
25ヶ月目が更新月となり、この期間、解約違約金はかかりません。

そのまま特に何もしなければ契約が自動更新されます。
その後は49ヶ月目に契約更新月が来るまで9,500円の解約違約金がかかります。

3年契約の場合の解約違約金

3年契約の場合、24ヶ月目まで24,800円の解約違約金が発生します。
25ヶ月目以降、契約更新月以外は9,500円の違約金が発生します。

更新月以外の解約違約金は高い

GMOとくとくBB WiMAXの解約違約金は他社と比べて特別高く設定されているわけではありませんが決して安くはない金額です。
9,500円だったとしても、月額料2ヶ月分以上になるので解約をするなら更新月に行わなくてはいけません。

解約違約金はBroad WiMAXと比べてどうなの?

Broad WiMAXは接続に問題があった場合、8日以内無料キャンセルOKです。
初回のキャンセル期間は短いものの、その後、他のインターネット回線(固定など)に乗り換える際には解約違約金が発生しない、他社から乗り換える際には解約違約金を19,000円まで負担などのサービスがあります。

解約違約金についてはGMOとくとくBB WiMAXよりもBroad WiMAXのほうが融通がききます。

GMOとくとくBB WiMAXはこんな人にピッタリ!

①2年または3年トータルでとにかく最安値がいい人

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックが42,000円と大きく、月額料は特別安くないものの、2年または3年トータルで実費費用が最安値になるのが最大の特徴です。
トータルの費用をとにかく安く抑えたい!という方はGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

12ヶ月目にキャッシュバックで42,000円がどーんと戻ってくるのでトータルでかかる費用はどこよりも安くなります。

②キャッシュバックを忘れず申請して受け取る自信がある人

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバック金額が多い反面、なかなかキャッシュバックを受け取る難易度が高く設定されています。

11ヶ月目に入会時に作成したプロバイダメールにキャッシュバック申請についてのメールが送付されてくるので、11ヶ月目の間に自分で振込先などを申請しなければ、12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができません。
うっかり申請期間が過ぎてしまうと、月額費用は最安値ではないため、トータル費用総額が他社よりも高額になってしまうのです。

  • 忘れやすい人
  • 申請等の手続きを面倒に感じる方
  • プロバイダメールをチェックしない方
  • 忙しくて手続きの時間を確保するのが難しいという方

には向いていません。

しっかりスケジュールを管理して、確実にキャッシュバック申請ができるという自信がある人は、GMOとくとくBB WiMAXが一番お得なプロバイダです。

GMOとくとくBB WiMAXと契約される場合はカレンダーやスマホのリマインダー、スケジュール帳を利用し、キャッシュバック申請を忘れないようにしましょう。

GMOとくとくBB WiMAX こんな人はやめておけ!

①月々の支払い額をなるべく抑えたい人

GMOとくとくBB WiMAXは契約から12ヶ月後に42,000円のキャッシュバックが受けられるので2年トータル、3年トータルで実費費用を比較すると月額利用料が最も安くなります。

しかし毎月固定で支払う金額は4,263円と他社プロバイダと比較しても安い金額ではありません。
あとで取り戻せるとは言え、毎月出て行く金額が大きいのが気になるという方はGMOとくとくBB WiMAXよりもBroad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXはキャッシュバックがありません。
しかしその分、月額利用料がどこよりも安く設定されています。
毎月出ていく金額を減らすことができます。

②契約途中で他社から乗り換えの人

現在、すでに他社のWiMAXと契約をしており契約途中でGMOとくとくBB WiMAXに乗り換えようとしている場合、解約違約金が発生するため、せっかくキャッシュバックでお金が戻ってきてもトータルの出費が大きくなってしまい、お得度合いが下がってしまいます。

契約途中で乗り換えを検討しているならGMOとくとくBB WiMAXよりも他社からの乗り換え時に違約金負担サービス(上限19,000円)が利用できるBroad WiMAXのほうがお得です。

③忘れっぽい人

忘れっぽい人はGMOとくとくBB WiMAXを避けるのが良いでしょう。

キャッシュバック申請を忘れてしまうと、42,000円を貰い損ねます。
GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックが高額なのでトータルの出費を抑えられるのが魅力のプロバイダです。

キャッシュバックがなければ、月額料も高く、契約するメリットと言えば2年契約できることくらいになってしまいます。

忘れっぽい方は月々の料金が確実に安いBroad WiMAXがおすすめです。