UQ WiMAXの評判。悪い口コミの原因とは?他社プロバイダとの比較でわかったこと。

WiMAXは様々なプロバイダで利用することができますがその中でも最も知名度が高いのがUQ WiMAXです。
元々WiMAXという通信サービスを初めたのがUQコミュニケーションズなので本家本元のプロバイダということで知名度が高いのです。

つまりGMOとくとくBB WiMAXやBroad WiMAXなど他社プロバイダはUQコミュニケーションズのWiMAX回線を利用させてもらっているということです。

しかしながら、通信速度や通信エリアといった「品質」にはどのプロバイダと契約しても代わりはありません。
料金はサービスに違いがあるだけなので、本家だからという理由でUQ WiMAXと契約してしまうと損をしてしまいます。

UQ WiMAXの特徴

  • CMの青いガチャピンでもお馴染みで、知名度はNo.1!
  • 万全のサポート体制
  • キャッシュバック(商品券)が必ず貰える
  • クレジットカードと口座振替の両方に対応
  • LTEも利用できる

UQ WiMAXの最大の特徴はLTE通信も利用できるという点です。
「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えるだけでLTE通信(月額1,005円)を利用することができます。

WiMAXが使えないエリアでも高速通信することが可能なのでほぼ日本全国どこでも高速通信ができるということです。
普段からauの携帯やスマホを利用しているならauスマートバリューmineに加入することができるので月額料も無料になります。

UQ WiMAXのキャンペーン

①Try UQmobile

WiMAXを15日間無料でお試しできるキャンペーンです。
貸し出しされるのは最新機種です。
エリアや速度を体感することができるほかスマホやPC、ゲームなど色々な端末との接続を試すことができます。

地方に住んでいる方など、つながるかどうか不安だったり動画の視聴がサクサクできるか気になるという方も多いでしょう。
実際にたっぷり2週間ほどWiMAXを試してみてから契約するかどうかを決めることができます。

②キャッシュバック10,000円

新規加入で10,000円のキャッシュバックが受けられます。

GMOとくとくBB WiMAXやBIGLOBE WiMAXでもキャッシュバックキャンペーンはありますがこちらは11ヶ月目に自分で申請をしなくては受け取ることができません。

UQ WiMAXの場合には申請しなくても後日「JCBギフトカード」という形で自宅に直接配送されてくるので必ずキャッシュバックを受け取ることができます。

UQ WiMAXの良い評判と悪い評判

UQ WiMAXの利用者の口コミにはどんなものがあるのでしょうか?
クチコミ情報を調べてみました。

UQ WiMAXの良い評判

  • サポートが手厚いので機械が苦手でも簡単に設定できた
  • キャッシュバックが申請しなくても受け取ることができた
  • WiMAX本家なので安心して利用することができた
  • auのスマホを利用しているのでお得に契約できた
  • クレジットカードと口座振替を選ぶことができてよかった

UQ WiMAXの悪い評判

  • 月額料金が高い
  • キャッシュバック金額が少ないし、商品券で送られてくる
  • 端末代が必要だから損した気分になる
  • 申し込んでから届くまでに時間がかかった
  • 最新機種だとキャッシュバックが受けられなかった

なぜUQ WiMAXの月額料金が高いのか?

UQ WiMAXの悪い評判として最も多いのが「公式なのに料金が高い」という点です。
CMでもお馴染みで、公式のプロバイダということもあり、最も知名度が高いUQ WiMAXですが、「公式なのに料金が高い」のです。

これには実は理由があります。
「公式なのに料金が高い」ではなく「公式だから料金が高い」のです。

UQ WiMAXは他社のように割引をしなくても他社に回線をレンタルすることで利益を得ているので、他社のように割引をする必要がありません。
個別の契約など面倒な部分は販売代理店(他社プロバイダ)に売らせればそれだけで利益が出るので、安売りする必要がないのです。

他社プロバイダの契約者数を増やすためにも、本家UQ WiMAXは値段を下げません。
このため、本家であるUQ WiMAXの月額料金は定価設定となっているのです。

UQ WiMAXにして何かいいことあった?

やっぱり安心して利用できる

UQ WiMAXは本家本元のWiMAXプロバイダです。
他社プロバイダでは料金が安いなどの魅力がありますが本家本元の信頼度は違います。
WiMAXに対するサポートも高く、安心して利用することができます。

月額料金で選べば他社プロバイダに軍配が上がりますがauを利用している人なら割引が適用されて、そこそこお得な価格でUQ WiMAXを利用することができます。

割引適用は3年契約を終了した36ヶ月目以降に強さを発揮します。
通常、初回契約キャンペーンでお得なプロバイダでも契約期間が終了し自動更新されてしまうと月額料が高くなったりキャッシュバックがなく割引適用がなくなりお得ではなくなってしまいます。

ところがUQ WiMAXの場合はauと契約しているなら37ヶ月後からも割引が適用されるため、逆転して月額利用料が安くなります。
つまりWiMAXプロバイダを乗り換えなくてもお得なんです。

3年を越えてずっとWiMAXを利用する予定でau利用ならUQ WiMAXはとってもお得です。

UQ WiMAXのメリットとデメリット

UQ WiMAXメリットとデメリットがあります

UQ WiMAXのメリット

  • キャッシュバックが必ず貰える
  • 「auスマートバリューmine」適用ならLTE通信が無料
  • サポート体制がしっかりしている
  • クレジットカードと口座振替の両方に対応

UQ WiMAXのデメリット

  • 月額料が定価(他社に比べて高い)
  • WiMAX端末の購入が必要(他社は無料提供)
  • キャッシュバックが商品券で使いにくい
  • 契約初月も月額料がかかる(日割り計算)
  • キャッシュバック金額が少ない

UQ WiMAXの月額料金プラン

UQ WiMAXには下記の2つの料金プランがあります。

UQ WiMAXの月額料金プラン

UQ Flatツープラス

基本使用料は4,196円ですが、おトク割が適用され毎月500円の割引料金が受けられます。

つまり、契約開始月の料金は3,696円の日割り、2ヶ月目以降は4,196円-500円の3,696円となります。

UQ Flatツープラス ギガ放題

契約開始月は3,696円の日割り料金。
契約3ヶ月目まではお試し期間中、3,696円で利用できます。
4ヶ月目~には、月額料金が4,380円になります。

2つのプランは1ヶ月単位で切り替え可能

2つのプランは1ヶ月単位で切り替え可能です。
あまり使わないことが事前にわかっている月と普段で利用プランの切り替えることで、お得に利用できます。

また契約後3ヶ月はどちらも同じ料金なので3ヶ月まではギガ放題で契約しておくのが良いでしょう。

auユーザーなら割引を受けられる

現在利用しているスマホや携帯電話がauならUQ WiMAXを契約すると「auスマートバリューmine」が適用され、月額の利用料がお得になります。
どのくらい割引されるかはauと契約中のプランによって変わります。

例えば「データ定額5/8/10/13/20/30」を契約している場合には毎月934円が割引となりかなりお得です。
「データ定額2/3」なら743円、「データ定額1」なら毎月500円割引になります。

注意!UQ WiMAXでは専用端末は有料です

UQ WiMAXの料金で見逃してはいけないのが専用端末の購入です。

ほとんどのプロバイダでは端末購入が必要ありません。
BIGLOBE WiMAXでも同じように端末代金が必要になりますがこちらは分割で支払いとなり、キャンペーン適用で実質無料です。
UQ WiMAXの場合には別途3,000円程度の機種代が必要となります。

UQ WiMAXの月額料金は他社と比べて安い?高い?

UQ WiMAXの月額料金を他社と比較

UQ WiMAXの月額料は他社と比べて高額です。

UQ WiMAXの月額料金は契約後3ヶ月までは3,696円で4ヶ月目から4,380円となり、トータルの費用は158,628円です。

キャッシュバック10,000円が適用されると148,628円で1ヶ月平均では4,128円となります。

月額料金が業界最安値のBroad WiMAXとUQ WiMAXの比較

月額料金が業界最安値のBroad WiMAXの場合月額利用料の平均は3,637円になります。

UQ WiMAXの利用料金と比べると毎月491円安くなります。
36ヶ月間で比べると17,676円、Broad WiMAXの方が安くなります。

トータル費用が最安値のGMOとくとくBB WiMAXとUQ WiMAXの比較

42,000円のキャッシュバック適用で業界最安値となる。

GMOとくとくBB WiMAXの場合はキャッシュバック適用後の月額平均が3,143円となります。
UQ WiMAXの利用料金と比べると毎月984円安くなります。

36ヶ月間で比べると35,424円、GMOとくとくBB WiMAXのほうが安くなります。

auユーザーの場合、「auスマートバリューmine」が適用

現在利用しているスマホや携帯電話がauの場合、「auスマートバリューmine」が適用されます。
「データ定額5/8/10/13/20/30」を契約しているなら毎月934円が割引になるので月額料金が業界最安値のBroad WiMAXよりもトータル費用が安くなります。

ただし、キャッシュバック適用で業界最安値となるGMOとくとくBB WiMAXにはまだ届きません。

またその他のプランの場合には、割引率が低くなるのでどうしてもUQ WiMAXを利用したい!という理由がある方を除きあえてUQ WiMAXと契約する理由は金銭面では「ない」と断言できます。

UQ WiMAXの解約違約金は他社と比べてどう?

UQ WiMAXの解約違約金

UQ WiMAXの解約金は他社に比べて特別高いということはありません。
解約金は以下の通りです。

  • 1~13ヶ月目に解約 19,000円
  • 14~25ヶ月目に解約 14,000円
  • 27ヶ月目以降に解約 9,500円

金額だけ見ると高額ですが、UQ WiMAXだけが特出して高いということはなく他社でも解約違約金に大きな差はありません。
何かしらの事情で解約する際には高額の契約違約金が発生するので注意が必要です。

ただし、UQ WiMAXの場合15日間のお試しキャンペーンがあります。
事前にしっかり使い心地を試してから契約することができるのでWiMAXの使い心地を不満に思って解約するケースは少ないでしょう。

UQ WiMAXはこんな人にピッタリ!

auユーザーの方

現在使っているスマホや携帯電話がauの方はUQ WiMAXすると「auスマートバリューmine」が適用されるので割引が受けられます。
割引を受けても、料金が業界最安値になることはありませんが支払いが一括できるなどのメリットや、36ヶ月後以降にもその割引が適用されるという点では魅力があると言えます。

また「auスマートバリューmine」が適用され場合にはLTE通信がオプション料金を支払わなくても無料で利用できます。
LTE通信とはau回線を使った通信方法です。
WiMAX2+の通信エリアから外れた場所でau 4G LTEの通信エリアに対応下場所でインターネットを利用したい時にはLTE通信を利用することになりますが、auユーザーなら無料で利用できます。

キャッシュバック申請をするのが面倒な人

他社プロバイダの中には、キャッシュバックキャンペーンがあってもなかなか受け取りにくいというケースがあります。
キャッシュバック適用で業界最安値になるGMOとくとくBB WiMAXも自分で申請しなければキャッシュバックを受けることができません。
申請を忘れてしまうとお金が戻ってこないので、お得ではなくなってしまいます。

UQ WiMAXの場合には、キャッシュバックが現金ではなく商品券で直接自宅に郵送されるので貰い忘れる心配がありません。

料金の安さよりも安心感・信頼性を重視する人

UQ WiMAXはWiMAX回線を提供しているUQコミュニケーションズのブランドということもあり、安心感と信頼性は抜群です。
はじめてWiMAXを利用するという方でもサポートセンターの対応がよく安心して利用することができます。

UQ WiMAX こんな人はやめておけ!

au以外(SoftBank、Docomo、格安スマホユーザー)

SoftBank、Docomo、格安スマホユーザーを利用している場合、UQ WiMAXと契約しても割引が受けられないのでお得感は皆無です。

auユーザーであれば多少メリットもありますが他社を利用している場合にはUQ WiMAXと契約するメリットがありません。

最安値で利用したい方

WiMAXを最安値で利用したいと考えているならUQ WiMAXはおすすめできません。
月額利用料で比較した場合も、キャッシュバック特典を受けてトータル費用で計算した場合でも
UQ WiMAXがお得になることはないからです。

キャッシュバックを利用してトータル費用を最安値で抑えたいならGMOとくとくBB WiMAXがおすすめですし、堅実に毎月の利用料を抑えてWiMAXを使いたいなら月額料が最も安くなるBroad WiMAXが良いでしょう。