WiMAX 契約プランの料金っておいくら?途中で変更する方法

WiMAXの契約プランってどんな種類があるの?

WiMAXの契約プランはどこもほとんど同じです。

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供する無線回線でどのプロバイダと契約しても、品質に差はありません。
インターネットの通信速度、安定感、接続可能エリア等はどのプロバイダと契約しても一緒です。

そしてプランに関しても各プロバイダでほぼ横並びです。

選べるプランは2つ

どのプロバイダも選べるプロバイダは2つです。
名称は各プロバイダによって異なりますが「制限ない(ギガ放題)」もしくは「制限あり7G(ライトプラン)」になります。

どっちを選ぶかはネットの使い方によって異なります。
SNS、オンラインゲーム、動画の視聴などたっぷり高速通信がしたいならギガ放題プランを選ぶべきです。
メールのチェックやちょっとした検索しかしないのであれば制限あり7Gのライトプランが良いでしょう。

基本的にどっちを選ぶか迷ったら、ギガ放題を選んでおけばOKです。
なぜならライトプランの場合、7GBを超えると通信制限がかかってしまうのでめちゃくちゃ遅くなってしまうからです。

月額700円程度の差なので、せっかくWiMAXを利用するならギガ放題プランが良いでしょう。

WiMAXの契約期間は2年か3年

どのプロバイダでも契約記念は2年もしくは3年になります。
ただし、2年プランがあるプロバイダは少数です。

大手ではGMOとくとくBB WiMAXかBIGLOBE WiMAXのみです。
しかもBIGLOBE WiMAXは、2年契約の場合、最新端末ではなく、一世代前の機種(WX03)限定になります。

ほとんどのプロバイダでは2年プランを廃止する方向に進んでおり、現在2年プランで利用できるWX03はすでに生産終了している端末になります。
なくなり次第、2年プランでの契約はできなくなると考えられます。

2年プランなら24ヶ月目、3年プランなら36ヶ月目が更新月となり、それ以外の期間に解約すると解約違約金が発生します。
BIGLOBE WiMAXの場合には端末が無料ではなく値引き対応で実質無料扱いになるので解約違約金に加えて本体代が残月数分、加算されます。

契約期間なし(違約金不要)のプランもある!

実は契約期間なしのプランもUQWiMAXに存在しています。
この場合、契約期間がないので、いつでも解約することができます。

ただし、基本使用料は5,196円(税抜)となり高額ですし、高すぎるからと言って後日他の料金プランに変更することはできません。
キャッシュバックキャンペーンなどの適用も受けられないので基本的に2年か3年で契約をすることになります。

月額料金は各プロバイダで異なる

WiMAX通信の月額料金は各プロバイダで異なります。
上記にも書いたようにプロバイダによる「品質」の差はありません。

プロバイダの違いはその他のサービスになります。
そして最も違いが大きいのが「月額料金」です。

上記の比較表を見ると分かりますが月額料金には各社によって大きな差があります。
ほとんどのプロバイダでは初月から3ヶ月が割引適用で安く設定されています。

最も月額料が安いのはBroad WiMAXです。
キャッシュバック適用で支払い総額が安くなるのがGMOとくとくBB WiMAXです。

最も安いBroad WiMAXと最も高額なUQWiMAXを月額1ヶ月目で比較すると、その差は970円です。
24ヶ月目で比べると969円になります。

3年間トータル費用で比較しても130,941円と148,628円なのでキャッシュバック適用を受けてもUQWiMAXのほうが17,687円も高くなります。

同じ「品質」なら安い方が嬉しいのは当然ですよね。
キャッシュバック適用で最も金額が安くなるGMOとくとくBB WiMAXと最も高額になるUQWiMAXの差にすると、3年間で35,468円の差になるのです。

月額料金では大きな差はありませんが、トータルで比較すると大きな差になります。

ギガ放題プランでも速度制限がかかる場合があります

WiMAXを契約する上で注意がしたいのがギガ放題で契約しても速度制限がかかる場合があるという点です。

2017年2月から採用されたのが「3日間で10GB」と言う制限です。
具体的には3日間で合計10GB使うと、翌日の夜間1Mbps前後の速度制限がかかります。

  • 高画質動画を1時間視聴
  • 動画付きのテレビ会議を90分
  • 10GBを超えるファイルのダウンロード
  • 通信量の多いオンラインゲーム

こうした使い方をする場合にはWiMAXではなく、固定回線(光回線)を使うのが良いでしょう。

しかし制限が行われるのは深夜帯であることや通常の使い方であれば3日間で10GBも使うことはないので一般的な利用の仕方であれば実質「使い放題」と言えるのです。

WiMAXのプランを途中で変更する方法

WiMAXのプランは途中で変更することもできます。

「GMOとくとくBB WiMAX」のプラン途中変更

GMOとくとくBB WiMAXの場合、最大3ヶ月間ライトプランの料金でWiMAXを試すことができます。

まずはギガ放題プランで申し込み、実際にどのくらいの通信量になるのかを確認した上で自分に合うプランを選ぶことができます。
思っていたより使わない場合にはプランを変更しましょう。

また、料金プランは毎月変更が可能です。
沢山使用する月はギガ放題プランを選択しておき、あまり使用しない月はライトプランを選べます。

プラン切り替えのタイミングは毎月末日の前日18時まです。
翌月1日から希望のプランに切り替わります。

「Broad WiMAX」のプラン途中変更

Broad WiMAXもGMOとくとくBB WiMAXと同じで、ギガ放題プランで申し込むと最大3ヶ月間ライトプランの料金でWiMAXを試すことができます。

勿論こちらもギガ放題プランとライトプランを何度でも変更可能です。
その時の都合に合わせてプランを切り替えると良いでしょう。

解約違約金を払わずに他社プランに乗り換える方法もあります

何も考えずにWiMAXのプロバイダと契約してしまい後悔しているという人は少なくありません。
特に家電量販店などで知名度だけで契約してしまった場合、後日他のプロバイダの料金の安さを知って驚くケースです。

しかしWiMAXは基本的に2年もしくは3年契約なので更新月以外で解約しようと思うと解約違約金が発生してしまうので乗り換えは高く付きます。

そんな時には「Broad WiMAX」の乗り換え解約違約金負担サービスが良いでしょう。
現在、他社のWiMAXと契約している方がBroad WiMAXに乗り換える場合には解約違約金を上限19,000円まで負担してもらうことができます。

乗り換えを検討しているけど、更新月まで期間があるな…と
悩んでいるならBroad WiMAXの乗り換え解約違約金負担サービスを利用すると良いでしょう。